FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04.09
Wed
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
こんにちは!ゆーこりんです。ご訪問頂きありがとうございます。

現在は【モンゴル・テレルジ】にいます。

↓ 世界一周ブログランキングに参加しています。 ↓
応援よろしくお願いします!一日一回、バナーをぽちっと押して頂くと、ゆーこりんのランキングが上昇します。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(携帯・スマホ等の方は、この文字をクリックお願いします。)
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

さーて。

ウズベキスタンの出国を済ませ、ようやくやって来ました。

トルクメニスタン!!!

IMGP2110.jpg


・・・と、言いたいところですが。

ウズベキスタンとトルクメニスタン間は、徒歩による国境越えができません

なので、国境間の送迎バスを利用せざるをえないのですが、なんとそのバス有料です。

料金は、1トルクメニスタン・マナト(約30円)もしくは、1USD(約100円)。

そんなの、当然お得なマナトで支払いをしたいんですけど、

入国してもいないのでマナトはまだ持っていないし、1USDは何となく払いたくないので・・・


ゆ『ごめん!マナトもドルも持ってないんだ。だから、これで勘弁して!!!』


って、差し出したのは1中国元(約16円)。

チャンも香港のお金かな?どっかのお金出してた。笑


運転手は見た事のないお金だったのか人民元に興味深々で、笑顔で乗せてくれました!

プライスレスではないけれど、トルクメニスタン幸先良いです。

DSC00432.jpg 

国境ではトルクメニスタンの終身大統領の、故ニヤゾフ大統領がお出迎え。

トルクメニスタンはソ連解体後、この故ニヤゾフ元大統領による独裁が続いていた事から、

中央アジアの北朝鮮”と呼ばれています。

なので、この故ニヤゾフ大統領は北朝鮮の”金正日”見たいな感じですかね。 


まぁ、とりあえず入国手続きです。

DSC00430.jpg

トルクメニスタンの入国の際には、入国税が必要。料金は12USD(約1,200円)です。

入国審査は荷物検査がちょっと厄介でしたね、ほとんど開けられました。

そういえば、この日はみんな大好きトマティーナの日。

僕はトマティーナには参加できないので、せめてトマトを持って行って大統領の銅像にでも投げてやろうと思ってたんです。

それを知ってか知らずか・・・





まさかのトマト没収。未遂に終わったのでした。


まぁー、そんな事もありましたが。

無事に10ヶ国目トルクメニスタン入国であります!


さて。

トルクメニスタンに滞在できる日数は、ビザの都合上5日間だけ。

なのでこの日は、トルクメナバットという街を経由して一気にマリーという街まで移動します。

frb-mry.jpg 

国境からトルクメナバットまでは、公共の交通機関がないのでタクシーで行くしかありません。
 
・国境 ~ トルクメナバット : 1人5USD(約500円)

トルクメニスタン、交通費は安いって聞いてたんだけどなー。

IMGP2098.jpg

運転手。

やっぱり、タクシーは外国人料金でふっかけてきます。特に国境付近。

こいつ最初20USDとか言ってましたからね。ぷんすかぷんです!

IMG_2365.jpg 

こいつもよっかかってくるし。思いっつーの!!!

あ、彼は香港人のチャン(確かそんな名前)です。


トルクメナバットの街にはあっという間に到着。

IMGP2101.jpg

トルクメナバットの街並みは、田舎なのにこんな感じの立派な建物があったり、なんだか不思議な雰囲気。

かっこいいけど!


さて。

トルクメナバットでのミッションは2つ。両替と、マリーまでの交通手段の確保です。


両替は、ここまで一緒のタクシーで来たトルクメニスタン人のおばちゃん、アンジェラを巻き込んであっさりクリア。

2人で50USDずつ出して、100USDを両替。285マナトになりました。

IMGP2207.jpg

これ、トルクメニスタンのお金。

IMGP2208.jpg 

おっさんは誰だかわかんないけど、デザインはかっこいいです。

余裕があれば、ぜんぶコレクションしたかったなー。


そして、マリーまでの交通手段もアンジェラ様のお陰ですんなり。

IMGP2102.jpg

ここはトルクメナバットの鉄道駅なんですけど、駅の前で乗り合いタクシーが客引きをしていました。

IMGP2120.jpg 

あ、この水色のレディーがアンジェラ。

アンジェラはマリーに行くわけじゃないけど途中の街に行くみたいで、一緒に交渉してくれました!

・トルクメナバット ~ マリー : 1人20マナト(約600円)


乗り合いタクシーは、4人集まるまで出発しないのでちょっと近くを散策。

IMGP2108.jpg 

金色に輝く大統領像。

何考えてるんだか・・・。笑

IMGP2111.jpg

しかも、これどこの街にもあるし、一つの街に一つとかじゃないんですよ。

結構頻繁に見ることができます。笑


あ。

4人目が来たようなので、出発です。

IMGP2130.jpg  

マリーまでは4時間ぐらいの道のり。

尋常じゃないぐらい暑いです。

IMGP2135.jpg 

トルクメンガスって書いてある看板。

トルクメニスタンは、天然ガスが豊富。ガスクレーターとかあるし、イメージ通りだな。

ガスクレーターについてはまた今度。


あ、マリーに着いたみたいです。

IMGP2197.jpg 

車から見えた大きなモスク。

明日、街歩きしてみようと思います。

IMGP2142.jpg 

何だろう、結婚式でもしてるのかな?

トルクメニスタンの人は、民族衣装を着てる人が多かったな。

IMGP2143.jpg 

赤や緑、黄、青。

スレンダーな人も多くって、とてもきれいでした!

IMGP2138.jpg 

ロータリーのモニュメント。

これは謎。


そして、着いたのは18時頃。早く宿を探さないと暗くなってしまう・・・!

僕達の予算は、最低1人20USD程度。

なかなか高めの予算設定ですが、トルクメニスタンには安宿がないらしく、20USDでもなかなか見つからないようなのです。


チャンが持っていたロンプラを頼りに、宿を探します・・・が。。。

一向に見付からない。

IMGP2147.jpg

ロンプラの地図や、GPSを駆使するも、全然見付からない。

街の人に聞いても見付からない。

どうなってるんだ・・・

IMGP2146.jpg 

なんだか大統領に腹が立ってきました。笑

写真撮ったら建物の中から警察?警備?が出てきてカメラチェックされるし。

ぷんすかぷんぷん!で、ある。


で、マリーの街をさまよう事、2時間以上・・・

IMG_2368.jpg 

ようやく見つけた、今日の寝床。 そう、初日から野宿です。


いや、ホテルがないわけじゃないんですよ。

ただ高いんですよね・・・みんな30USD以上。

二人で50USDって所もあったんですけど、そこまで戻るのもめんどくさくなっちゃったんです。


でもね。

ここ、マリーの駅前。しかも、すぐ横には売店という超好立地な寝床。

しかも、宿泊費は無料である。まぁ、良しとしましょう・・・

明日からは本格的にトルクメニスタン観光です。


では!

ゆーこりん。

※1トルクメニスタン・マナト = 約30円にて計算。(2013年8月現在のだいたいのレート)
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
最後までお付き合い頂きありがとうございます!

↓ 世界一周ブログランキングに参加しています。 ↓
応援よろしくお願いします!一日一回、バナーをぽちっと押して頂くと、ゆーこりんのランキングが上昇します。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(携帯・スマホ等の方は、この文字をクリックお願いします。)

いつも応援クリックありがとうございます!これからも頑張ります。
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://yukorinist1104.blog.fc2.com/tb.php/88-2a6f9d65
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。